日々起きた出来事や感じたことを適当に書き綴ってます

トップページ > スポンサー広告> 家族・家庭 > 好き嫌い  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好き嫌い

2008 - 09/01 [Mon] - 01:48

下の子は食べ物の好き嫌いが多く、嫌いなおかずの時にはほとんどご飯を食べない。

あまり無理強いはしたくないし、それが原因で食事の時間自体が嫌いになっても困るので、注意はするものの怒ったりはしないようにしていた。でもここ最近、あまりにも食べないことが多いので下の子と食事について少し話をしてみた。

下の子曰く、お米自体が嫌いだとのこと。それを聞いてふと思った。実は私も白米があまり好きではない。そもそも和食自体が好きではない。家の食卓に出れば普通に食べるものの、好きなものを食べられる外食等では、米類はほぼ食べない。

十数年前にあった米不足の時、タイ米が大量に日本へやって来て毎日のようにタイ米を食べていた頃は、「実はいつも食べている米よりも、タイ米のほうがうまいかもしれない・・」なんて思っていたりもした。

下の子といろいろと話をしているうちに、食べたい物を食べれるということ、好き嫌いで食べたり食べなかったりしていること、こういう日常的に当たり前に行われていることが、実はなんて贅沢なことなんだろうと考えさせられた。

だがその考えは、下の子には理解することはできない。説明をして理解させたとしても、心からそう感じることはできないはず。何故ならば食べるものに困った経験がないから。

食事の時間になれば、当たり前のようにテーブルの上に食べ物が並んでいる。小腹が空けば、戸棚から何かお腹の足しになるようなものを出してつまんでいれば済む。小さい頃からそんな環境だから、食べれることがありがたいと感じることはできないだろう。

なので、とりあえず下の子に対しては、食べ物の好き嫌いは後回しにして、「食べる」ということを、私も含め共に考えていこうと思っている。

飽食の時代なんて言葉を聞いたことがあるが、「食べる物がある」ことへの感謝の気持ちは忘れないようにしていきたい。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tekiblo.blog105.fc2.com/tb.php/14-b146d9a1

 | HOME | 

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

てきとう

Author:てきとう
サラリーマン
妻と娘2人の4人家族

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

AdSense

カウンター

金魚

リンク

ブロとも申請フォーム

ブログランキング

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

AUTOLINK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。